NPO給排水設備研究会

新着情報

給排水設備研究会について

建物に欠かせない給排水設備

建物に欠かせない給排水設備 私たちの生活や事業に欠かせない水は、給水管、水まわりの機器や器具、排水管があって初めて使えるものになります。また、建物によっては貯水槽やポンプ、給湯設備、浄化槽も必要です。そして、水不足や災害への対応のための設備や、環境への配慮から雨水利用や排水再利用を行っている建物もあります。

NPO給排水設備研究会は

給排水設備に関わる技術者、研究者、学生、市民、事業者等が集い、調査研究、普及啓発、技能指導、情報提供、交流などを行っています。会員になると、季刊の研究会誌「給排水設備研究」を購読でき、シンポジウム、見学会、講習会などの行事に参加できます。さらに、給排水設備を通じた環境保全や科学技術の振興により、社会的責任を果たせます。

イベントカレンダー

10月
26
第9回アジア建築設備推進委員会 「ネパール研究報告会」(再)(アジア建築設備推進委員会) @ 日本建築衛生管理教育センター 三田分室 会議室
10月 26 @ 1:30 PM – 5:00 PM

オンライン開催のおしらせ

「ネパール報告会」については、新型コロナウイルス禍の収束が見えない中、オンライン開催とします。受講者には別途受講要領をメール等にてお知らせします。会場での聴講は20名を上限として受け入れます。多数の皆様のご参加を強く希望しております。

 

新型コロナウイルスで延期した報告会を開催します。

日本の給排水技術や環境技術がアジアで強く求められるようになってきました。アジア建築設備推進委員会もベトナム(ホーチミン)、インド、インドネシア、ミャンマー・マレーシア・フィリピン・カンボジア・ベトナム(ハノイ)と過去8年に亘って建築設備のコラボレーションを目指して活動を行って参りましたが、昨年は、発展途上ではありますが、日本の支援が活発になり、今後の成長が期待されるネパールの調査を行いました(2019年11月20日(水)〜2019年11月24日(日)。今年も様々な調査結果をご報告します。奮ってご参加ください。

1.日時:

2020年10月26日(月)13:30~17:00

2.会場:

日本建築衛生管理教育センター 三田分室 会議室(東京都港区三田1-4-28三田国際ビル1F120区)

都営地下鉄三田線「芝公園」駅より徒歩7分

都営地下鉄浅草線「三田」駅より徒歩9分

JR山手線 京浜東北線「田町」駅より徒歩15分

都営地下鉄大江戸線「赤羽橋」駅より徒歩5分

3.参加費用:

正会員6,000円、学生会員4,000円、非会員7,000円(報告書代含む)。

又、当会への入会希望者は、参加費以外に7,000円を入会金および本年度年会費としてお支払い頂き、正会員になることができます。

4.定員:

100名

5.申込方法:

参加申込書」に必要事項をご記入の上、NPO給排水設備研究会事務局へ申し込みください。

(Tel.03-3234-2106、Fax.03-3234-2107、E-mail: apply@npo-jspe.org)

トピック

研究会誌