【会告】第43回CIB W062国際シンポジウム並びに第22回国際建築設備調査団

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

CIBW0622017tour-notice-2.jpgCIBW0622017tour-notice-3.jpg

ご案内と募集要項(PDFファイル)
申込書(PDFファイル)

第43回CIB W062国際シンポジウム主催者発信の情報は下記URLをご覧ください。
http://cibw062.tvvl.nl

第43回CIB W062国際シンポジウム並びに第22回国際建築設備調査団の御案内

謹啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、この度、NPO給排水設備研究会並びに空気調和・衛生工学会の共同企画により、第43回CIB W062国際シンポジウムに参加することを目的とした「第22回国際建築設備調査団」についてご案内申し上げます。
 CIB W062は、CIB(国際建築・建設における研究・技術のための国際協議会(略称:建築研究国際協議会))の傘下に組織された給排水設備に関する委員会で、この分野では唯一の国際シンポジウムを開催しています。このシンポジウムは世界各国の給排水衛生設備に関連した最新情報が集まることで注目されています。

 今回のシンポジウムは、今年の8月23日~25日の3日間、オランダの美しい古都ハーレムで開催されます。本調査団は、飛行の就航経路を活用し北欧のフィンランド・ヘルシンキを経由し、開催地でのシンポジウムに臨みます。フィンランドは1000年以上の歴史を持つサウナ発祥の地であり、温浴施設の見学・調査を行うほか、建築家アルヴァ・アールトとの建築や現代建築にも触れます。また、ハーレムでのシンポジウムは、テクニカルセッション(論文発表)やテクニカルビジットの一環として、飲料水精製工場やザーンセ・スカンスの風車群等の見学・調査も計画されています。さらに、国土の1/4が水面下にあるオランダの干拓計画や治水の歴史を学びながら、地形や気候を活用した都市・建築の水環境、給排水衛生設備のあり方を考える機会になることと期待しています。

 調査団への参加は、CIB W062国際シンポジウムへの参加によって給排水設備分野におけるヨーロッパ諸国、アメリカ、ブラジル、中国、香港、台湾など各国の最先端の技術情報・知識が得られるだけなく、諸外国の研究者・技術者と、サステイナブル技術、節水や省エネ技術、施工・維持管理の課題などの幅広いテーマについて情報交換や交流を深めることができ、参加者にとっては、大変有意義な企画になっています。われわれも給排水設備分野の総力を結集して開催に力を注いでおり、一層の交流・情報収集が期待されます。調査団の主旨をご理解の上、ぜひとも本調査団に参加いただきたくお願い申し上げます。
敬具

2017年3月

第22回国際建築設備調査団
団長  大塚雅之

【会告】2017みらい市 第6回スチューデントシンポジウム ~次世代を担う大学院生による研究・論文発表と7つのみらい~"(学術委員会)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2017年5月11日現在の情報です。会誌とは一部内容を変更しています(下線部)。

日時:2017年5月19日(金)12:50-16:00
場所:ビッグサイト東5ホール セミナールーム2(商談室1)
主催:橋本総業株式会社
共催:NPO給排水設備研究会(NPO-JSPE)
参加費:無料

 学生たちが取り組んだ最新の給排水設備に関する研究の発表に加え、第26回水回り学生論文賞の最優秀賞作品の発表と、第27回水回り学生論文賞のテーマの一つとなる「7つのみらい」のコンセプトの講演を行います。

<司会>
司会:市川 憲良 (前NPO給排水設備研究会会長理事・首都大学東京名誉教授)
副司会:小瀬 博之 (NPO給排水設備研究会副会長理事・学術委員長・東洋大学教授)

開会 12:50-13:00
開会挨拶 小瀬 博之(前掲)
主催者挨拶
 坂上 恭助 (NPO給排水設備研究会会長理事・明治大学教授)
 村上 卓司 (橋本総業株式会社執行役員特需ブロック長)

第1部 研究論文発表 13:00-14:50
1.浅倉 佑介(工学院大学大学院M1):実測調査に基づく建築物の水使用特性の評価
2.矢ヶ崎 啓介(工学院大学大学院M2):既存建物における給排水衛生設備の耐震性能予測
3.小嶋 貴博(明治大学大学院M2):トラップ封水の蒸発現象に関する基礎的研究―モデル容器における蒸発―
4.宮田 大(明治大学大学院M1):極小径サイホン排水システムにおける流入筒形状による流れ特性に及ぼす影響
5.阿久津 健太(明治大学大学院M2):長配管サイホン排水システムの流れ特性と破封防止用通気弁および自封トラップの適用
6.渡部 晟也(明治大学大学院M2):WC排水の排水横管内流れ特性の粒子法によるCFD解析
7.五味 慎太郎(関東学院大学大学院M1):連立節水形トイレの排水横管内における搬送性能シミュレーション手法の基礎検討
8.久我 優希(関東学院大学大学院M1):連立節水形トイレ対応の樹脂製特殊継手排水システムの可能性
9.本村 雄大(関東学院大学大学院M1):業務用ビルのコンバージョン対応のハイブリット排水システムの性能検証
(タイトル・順序は追加・変更の可能性があります)

講評 市川 憲良(前掲)

休憩

第2部 「7つのみらい」プレゼンテーション 15:00-15:50
(1)「7つのみらい」コンセプトの講演
橋本 政昭(橋本総業株式会社 代表取締役 社長)
(2)「みらい水回り学生論文賞」最優秀賞作品の発表
亘理 咲綺(関東学院大学大学院M1):BCP・LCP Container's Possibility

閉会挨拶 市川 憲良(前掲)

「みらい市」自由見学 16:00-17:00
コンテナハウス「パブリック」:(被災時避難所の共用水回り提案、「みらい水回り学生論文賞」最優秀賞作品を参考に製作・出展)など

(みらい市の全体行事)懇親会(自由参加) 17:30- 於:ホール内商談会場

地図

【会告】給排水設備勉強会(学術委員会)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 本会では、給排水設備分野唯一の国際会議であるCIB W062国際シンポジウムの主要な論文を翻訳して紹介する給排水設備勉強会を行っています。今年度の勉強会は、2016年8~9月にスロバキア・コシツェで開催された第42回CIB W062国際シンポジウムの論文から、大学院生が1編ずつ翻訳して発表します。
 公開の勉強会ですので、勉強会に参加している研究室の卒論生や研究生、参加している研究室以外の大学関係者、海外における最新の研究情報を知りたい企業の方々など、どなたでもお気軽にご参加ください。

<期日・場所>
【第1回】平成29年7月8日(土)15:00-17:00、工学院大学新宿キャンパス
【第2回】平成29年10月7日(土)15:00-17:00、工学院大学新宿キャンパス(予定)
【第3回】平成29年12月8日(金)16:00-18:00、東洋大学白山キャンパス(予定)
(第3回勉強会終了後より忘年会を開催予定)
【修士論文発表会】平成30年2月20日(火)15:00-17:00、工学院大学新宿キャンパス(予定)

<翻訳論文(予定)>
【第1回】
(1)Household adoption of water-efficient technologies in the UK: current state and future potential, D.A.Kelly(イギリス)
(2)Is the European standard EN 12056-3 the appropriate method to calculate the capacity of eaves gutters?, L.Vos他(ベルギー)
(3)Design of submerged MBR technology for grey water treatment, M.Rysulova他(スロバキア)

<会場>
 教室は未定です。開催1か月ほど前をめどに、研究会ホームページ(http://npo-jspe.org)に掲載します。

<参加方法>
 当日直接会場へお越しください。勉強会の参加費は無料です。

第1回場所

【会告】第16回配管技能講習会(事業委員会)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 毎年ご好評を頂いております配管技能講習会を、本年度も引き続き開催いたします。設計者・現場管理者・日頃工事現場の第一線で配管工事の管理・監督に当られる方々を対象として開催いたしますので、多数の皆さまのご参加をお待ちしております。
 現在、建設現場における給排水衛生設備及び空気調和設備の配管には、多種多様な管材・管継手が使用されており、これがどのようなものであるかを手で触れて理解することは、現場の施工管理者はもとより、設備設計者工事監理者にとっても必要不可欠な知識です。
 本講習会は、現場でよく使われる管材の特徴・正しい接合法・施工上の注意点などを、配管施工経験者・配管加工会社・管材メーカーの方々の指導のもとで、実際に接合作業を体験いただき、それを通じての気付きを基に、管材・接合方法について考えていただくことを目的としております。例年、設計事務所・総合建設会社・設備施工会社・各種管材メーカー・代理店の方々などが受講されています。


◆講習内容と日時:(予定)
・第1日目 9月27日(水)9:00-17:30
【配管用炭素鋼管(SGP)】ねじ接合・ハウジング接合・溶接接合
・第2日目 9月28日(木)9:00-17:30
【ステンレス鋼管】拡管式接合・メカニカル接合・溶接接合
【銅管】ろう付(はんだ付・硬ろう付)・メカニカル接合
・第3日目 10月6日(金)9:00-17:30
【樹脂管】
硬質ポリ塩化ビニル管:接着接合(TS接合、DV接合)
ポリブテン管:熱融着接合・メカニカル接合・ワンタッチ接合
架橋ポリエチレン管:ワンタッチ挿入式接合
アルミ三層管:コンバネ上における配管施工
◆会場:橋本総業株式会社東京配送センター
    東京都江東区東雲2-9-7 
     (受講者には詳細を後日お知らせいたします)
◆参加費:(各昼食代を含みます)
     30,000円(3日間)
     12,000円(1受講日当たり)
◆定員:30名(先着順・各受講日)
  ※1セッション定員に限りがあります。
   お早めの申し込みをお願いいたします。
  ※3日通し受講は1企業5名以下でお願いします。

◆申込方法:
「行事申込書」またはメールにて給排水設備研究会事務局までお申し込みください。
Tel. 03-3234-2106 Fax. 03-3234-2107
E-mail:apply@npo-jspe.org

以上

地図

【会告】第46回親睦ゴルフ会(事業委員会)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

JSPE201704-p47.jpg

 第46回親睦ゴルフ会を下記の通り開催いたします。参加ご希望の方は会誌巻末の「行事申込書」に必要事項をご記入の上、事務局までお申し込みください。E-mailアドレスもご連絡頂けると幸いです。


日時:平成29年5月25日(木)
場所:源氏山ゴルフ倶楽部
    〒290-0211 千葉県市原市大桶字白畑956-1
    TEL.0436-36-1525
定員:24名(6組) 8時30分スタート(定員になり次第締め切らせていただきます)
参加費:3,000円(賞品代その他)を予定
プレー代(14,000円程度)等は各自清算となります。
集合:キャディーマスター室前 8時00分頃
競技:18ホール ストロークプレー(新ペリア方式)
(初参加の方は、最高4位まで)
入賞:優勝、準優勝、3位、5位、7位、10位(参加人数によりその他飛賞)
ベストグロス、ブービー、ドラコン、ニアピン
*参加申込の方には、別途詳細をお知らせいたします。

申込先:NPO給排水設備研究会・事務局
    TEL:03-3234-2106、FAX:03-3234-2107
    E-mail:apply@npo-jspe.org
    又は、【総合幹事】伊藤鉄工㈱ 高橋幸一
    TEL:048-224-3986 FAX:048-224-3960
    E-mail:takahashi@i-g-s.co.jp

地図

【会告】NPO第11期通常総会及び懇親会のお知らせ(会長理事)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

JSPE201704-p46.jpg

NPO給排水設備研究会 会長理事 坂上恭助

拝啓 陽春の候、会員各位におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 この度、特定非営利活動法人としての11回目の通常総会並びに懇親会を開催することとなりました。会員の皆様には、万障お繰り合わせの上ご出席頂きたくご案内申し上げます。
 お手数とは存じますが、準備の都合もありますので、ご出欠を5月8日(月)までにダイレクトメールでお送りしたハガキにてご連絡下さるようお願い申し上げます。
 なお、総会は正会員(名誉会員・特別会員を含む)により構成され、総会の成立には正会員数の1/2以上の出席(委任状含む)が必要となります。総会欠席の場合は、ハガキの委任状にご記入の上、必ずご返送下さいますようお願い申し上げます。

敬具


 NPO給排水設備研究会「第11期通常総会」(正会員)
日時:平成29年5月26日(金)17時-17時40分
    17時40分-17時55分:平成28年度功労賞、業績賞、ホープ賞等表彰
    17時55分-18時05分:新役員による理事会
場所: 日立金属・高輪和彊館(たかなわ わきょうかん)3階大会議室 (東京都港区高輪4-10-56 TEL 03-3443-1717(代))

NPO給排水設備研究会「懇親会」
*名札をご用意いたしますので事前にお申し込み下さい。

日時等:同日18時15分より同館 1階蘭の間
会費: 10,000円(学生無料)
    会費は当日会場にてお支払い下さい。
※お申し込み後のキャンセルは5月19日(金)までにNPO給排水設備研究会事務局へご連絡下さい。

事務局 TEL.03-3234-2106  FAX.03-3234-2107

以上

会場地図
http://www.shunko.jp/fukuri/link_sisetu/wakyokan/wakyo_map.htm


給排水設備研究 第33巻(第1号:2016年4月〜第4号:2017年1月)総目次

  • 投稿日:
  • by

JSPE201704allcontents2016-1.jpgJSPE201704allcontents2016-2.jpgJSPE201704allcontents2016-3.jpg

PDFファイルはこちら

総目次

第32巻第1号(2016年4月)
[特集:雨と暮らし]
10分先の大雨情報........................三隅良平 4
みどり豊かなまちをめざす雨水の活用.....................神谷 博 8
雨と建築と水資源........................小澤 諭 14
屋上緑化の雨水排水遅延効果.....................石原沙織 18
日本伝統の葺き屋根........................植村昌子 23
集中豪雨に対する課題と雨水排水に関する実験..................鈴木孝彦 25
特集関連広告:
施設の豪雨対策 ゲリラ豪雨に備える維持管理に優れた雨水貯留槽 RAIN望スタジアム............斉藤行彦 31
豪雨への備え........................相川芳光 34
[論説]
第20回国際建築設備調査団 "第41回CIB W062国際シンポジウム"報告............坂上恭助・小瀬博之 36
[会告]
NPO第10期通常総会及び懇親会のお知らせ..................坂上恭助 45
技術懇談会「温泉旅館の水光熱消費量の現状とCO2排出量抑制対策」...............事業委員会 46
給排水設備勉強会........................学術委員会 46
第25回国際建築設備調査団 CIB W062国際シンポジウム(スロバキア).........NPO給排水設備研究会/空気調和・衛生工学会 47
「スリーエムジャパン社 カスタマーテクニカルセンター 講演・見学会」
 -サイエンスの力を活かして、顧客のお役にたてる独創的なソリューションを提供する-.........学術委員会 48
2016東京みらい市「第5回スチューデントシンポジウム」...............みらい市委員会 48
NPO-JSPE:第3回 アジア給排水シンポジウムの開催予告............アジア給排水シンポジウム実行委員会 49
[活動報告]
<シンポジウム> 『お湯の省エネと健康、賢い使い方』..................奥富隆行 50
セミナー・見学会 『高分子材料の水劣化と分析手法について』一般財団法人化学物質評価研究機構施設見学......中村 勉 事業委員会 52
平成27年度給排水設備勉強会・忘年会・修士論文発表会開催報告...............小瀬博之 53
[ブックレビュー]
『気象災害を科学する』.....................鈴木孝彦 54
『ニワトリと暮らす かわいくて、役に立つ』..................近藤 茂 55
『決済インフラ入門』........................近藤 茂 56
[編集後記]........................土井章弘 60

第32巻第2号(2016年7月号)
[特集:水栓今昔物語]
初めて国産化された高級衛生金具 -パイロット印高級衛生・暖房金具類-............青木一義 4
水栓金具の歴史........................久我達弘 7
オートマージュ自動水栓 今昔物語.....................佐藤彰吾 12
水栓のデザイン........................中田真司 14
シャワーの進化 エアインシャワーの開発..................高尾加奈子 17
カクダイの面白水栓誕生裏話.....................多田修三 20
欧州の水栓とグローエジャパン社の取組み..................陸川昌弘 22
水栓柱の変遷........................橋本信雄 26
日本バルブ工業会ホームページ 「水栓について」のご紹介............一般社団法人 日本バルブ工業会 28
[みらい水回り学生論文賞最優秀賞]
みらい水回り学生論文賞最優秀賞 トイレ転換の時 -2020年のその先へ-............松尾隆史 32
第25回「みらい水回り学生論文賞」の審査結果について..................坂上恭助 36
平成27年度大学院修士論文及び大学卒業論文の概要..................37
[Our News]
食と住まいの情報発信拠点 「hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)」...............目堅智久 48
[会告]
第15回 配管技能講習会.....................事業委員会 50
NPO-JSPE: 「PEE(給排水設備専門技術者)」制度 創設のお知らせ............教育人材育成委員会 51
給排水設備勉強会........................学術委員会 51
第26回みらい水回り学生論文賞 -「水回りコンテナ」のデザイン- 募集の案内.........みらい水回り学生論文賞審査委員会 52
NPO-JSPE: 第3回 アジア給排水シンポジウムの開催について............アジア給排水シンポジウム実行委員会 54
技術懇談会 温泉旅館の水光熱消費量の現状とCO2排出量抑制対策...............事業委員会 55
第10期通常総会議事報告.....................NPO給排水設備研究会 56
第10期通常総会後の懇親会 報告..................NPO給排水設備研究会 66
[活動報告]
定款の変更について -特別顧問の新設-..................下田邦雄 67
名誉会長の授与について.....................下田邦雄 67
名誉会長就任ご挨拶........................鎌田元康 68
第3回「功労賞」・「業績賞」・「ホープ賞」の受賞者の決定について...............下田邦雄 69
第44回親睦ゴルフ会.....................事業委員会 70
「スリーエムジャパン社 カスタマーテクニカルセンター 講演・見学会」
 -サイエンスの力を活かして、顧客のお役にたてる独創的なソリューションを提供する-.........生嶋哲也 学術委員会 71
[ブックレビュー]
『イラストでわかる 職長の安全・監督能力アップ』..................小岩井 隆 72
『マンション設備・管理が一番わかる(しくみ図解)』..................小岩井 隆 73
『図解 2級管工事施工管理技士試験 合格必勝ガイド 新訂第2版』...............鈴木弘一 74
『建築設備の「なぜ」がわかる トラブル解決マニュアル』...............鈴木弘一 75
『水の未来 -- グローバルリスクと日本』..................近藤 茂 76
『無私の日本人』........................近藤 茂 77
[編集後記]........................鈴木孝彦 78

第32巻第3号(2016年10月号)
[特集:トイレと暮らし]
巻頭言........................豊貞佳奈子 4
グローバル視点で進化するパブリックトイレ..................石原雄太 8
公共トイレ空間のあり方 荷物棚の配置と視覚障碍者のトイレ利用に関わる研究紹介............柳瀬亮太 12
開発途上国向けコンポストトイレ.....................船水尚行 17
新しい形のトイレ「ベッドサイド水洗トイレ」の開発..................奥野祐一 21
アジアのトイレ事情 -JSPEアジア建築設備推進委員会-............飯塚 宏・小島邦晴・中村 勉・森 昭二 27
ブックレビュー 『日本の水洗トイレ -誕生と発展-』...............出版委員会 33
[会告]
新年会のお知らせ........................事業委員会 35
NPO-JSPE: 「PEE(給排水設備専門技術者)」制度創設のお知らせ...............教育人材育成委員会 36
NPO-JSPE:第3回 アジア給排水シンポジウム -アジア諸国における建築と給水・給湯・排水設備の現状と将来展望-...アジア給排水シンポジウム実行委員会 40
給排水設備勉強会........................学術委員会 42
講演・見学会「地域で育む水環境・芝浦水再生センター」見学会...............学術委員会 42
[活動報告]
技術懇談会 温泉旅館の水光熱消費量の現状とCO2排出量抑制対策............宮嶋幸三 事業委員会 43
[ブックレビュー]
『地球とつながる暮らしのデザイン』.....................小寺定典 44
『なぜ新耐震住宅は倒れたか』.....................近藤 茂 45
『ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕事が回るのか』..................近藤 茂 46
[編集後記]........................鈴木弘一 47

第32巻第4号(2017年1月)
年頭所感........................坂上恭助 7
[特集:国際交流 -アジアにおける給排水設備事情-]
1.第三回アジア給排水シンポジウム
はじめに........................坂上恭助 10
 A. 各国代表講演論文........................ 11
 A-1 中国「海綿城市」の建設概念と実践 (趙鋰)..................小瀬博之  
 A-2 台湾における給排水設備技術と規範の情報共有 (鄭政利)...............光永威彦  
 A-3 水効率と気候変動:香港における浴用シャワーの2100年でのCO2排出量の推定(王寧添).........小寺定典  
 A-4 ソウル市におけるディスポーザモデル事業 (李東勲)...............亀谷 徹  
 B. 海外招待講演論文........................ 15
 B-1 中国における住宅排水システムの試験研究(張磊)...............奥富隆行  
 B-2 中国におけるディスポーザ排水システムの実験的研究(張哲)...............小寺定典  
 B-3 中国の設備設計施工の現状-BIM(石川星明)..................飯田 徹  
 B-4 住宅建物における使用湯量の削減によるエネルギー削減効果 (李孟傑)............土井章弘  
 B-5  病院施設における医療機器からの排水の再利用に関する要因分析 (寥婉茹)............青木一義  
 C. 各国事情講演論........................ 17
 C-1 アジア建築設備五か国調査の報告 (飯塚 宏)..................飯田 徹  
 C-2 インドにおける給排水設備工事の施工事情 (菊地 潤)...............青木一義  
 C-3 インドネシアの給排水設備事情 (宮下辰彦)..................鈴木弘一  
 C-4 マレーシアにおける産学連携の取組 (竹田吾郎)..................佐藤 博  
 C-5 シンガポールにおける環境政策とBIMの利用状況について (杉 鉄也)............土井章弘  
 C-6 ベトナムにおける水まわり住宅設備の現状と課題 (豊貞佳奈子)...............西澤秀哉  
 C-7 タイ工業団地における工場の衛生設備事情 (永山浩二)...............鈴木弘一  
アジアの設備技能者育成に関する意見交換会..................衣斐輝夫・下田邦雄 21
展示会・懇親会.....................明珍邦彦・須賀良平 22
おわりに........................大塚雅之 23
実行委員会名簿........................24
協賛企業等...........................25
2.アジア建築設備推進委員会の活動
アジア建築設備推進委員会の活動に見るアジア五か国の給排水事情他...............飯塚 宏 26
3.第42回CIBW062国際シンポジウム
第25回国際建築設備調査団 「第42回CIBW062国際シンポジウム(スロバキア・コシツェ)」報告.........小瀬博之 32
[特別寄稿]
温泉と私.....................安藤紀雄 瀬谷昌男・挿絵 45
[声]
本質を見抜く力........................近藤 茂 51
[会告]
博士・修士論文発表会.....................学術委員会 52
第6回 アジア建築設備推進委員会「フィリピン研究報告会」のお知らせ............アジア建築設備推進委員会 53
講演・見学会「地域で育む水環境 芝浦水再生センター」見学会...............学術委員会 53
第46回親睦ゴルフ会.....................事業委員会 54
平成29年度散策の会「飛鳥山のお花見」 事業委員会.................. 54
鋳物の街 川口鋳物工場と雨水排水システム実証施設見学会...............事業委員会 55
[活動報告]
第15回配管技能講習会...............飯田 徹 事業委員会・配管技能研修委員会 56
第45回親睦ゴルフ会.....................事業委員会 60
[ブックレビュー]
『浮世絵TOKYO名所案内 -古地図でめぐる江戸東京ぶらり旅-』...............鈴木弘一 61
『安藤忠雄 野獣の肖像』.....................近藤 茂 62
『建築設備 配管工事読本』.....................近藤 茂 63
『トコトンやさしい ポンプの本』今日からモノ知りシリーズ...............小岩井隆 64
[編集後記]........................小寺定典 65

給排水設備研究 第34巻・第1号(2017年4月)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

JSPE201704cover.jpgJSPE201704contents.jpgJSPE201704notices.jpg

PDFファイルはこちら

*『給排水設備研究』は、NPO給排水設備研究会会員に配布される雑誌です。会員になっていただければ会費(入会金1,000円、年会費6,000円(正会員、学生会員は3,000円))のみで購読できます。企業・団体の賛助会員も募集しています。詳しくは、入会案内をご覧ください。

鋳物の街川口の鋳物工場と雨水排水システム実証施設見学会(事業委員会)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

JSPE201701notice-p55.jpg
PDFファイル

 昔、映画で有名になったことを覚えている方もおられると思いますが、「キューポラのある街」では現在も連綿と技術を受け継ぎ、我々の設備業界に向けて各種鋳物製品を生産している会社があります。
 今回の見学会では、この街で2軒の事業所を訪問いたします。
 まず、伊藤鉄工株式会社では今では数少ない自社で鋳造から加工・塗装・組立までの一貫生産をしております。キューポラ(今では少し形は違いますが)から真っ赤な鉄の湯を流し込む瞬間は、目を見張ります。見学は、これら鋳造に関わる工程と塗装、検査工程などの予定です。又、同社開発品のMD継手(IML継手)の引抜性能試験もご覧頂けます。
 場所を移して、株式会社長谷川鋳工所「雨水排水システム実証施設」(大明工機テクノセンター内)にお邪魔して、サイホン作用にて雨水を細い配管で排出するシステムのデモを見学します。
 特別なお計らいによる見学のため、人数に限りがあります。
 早目のお申込みをお願い申し上げます。


1.日時:平成29年3月9日(木)13:30-17:30
2.集合:JR京浜東北線 赤羽駅東口 12:50集合
3.交通:バス利用(①乗り場:案内図①の場所)
国際興業バス→(15分)→仙元橋下車、徒歩1分
(赤-23、赤23-2荒川大橋経由西新井駅行き)
4.会場:
伊藤鉄工(株) 川口市元郷3丁目22-23
TEL. 048-224-3986
大明工機(株)テクノセンター 川口市川口1-5-14
TEL. 048-446-9841
5.プログラム:
1)伊藤鉄工(株)[13:30-15:30]
鋳物工場見学及びMD継手性能試験
<移動[15:30-15:45]タクシー利用>
2)(株)長谷川鋳工所[15:45〜17:30]
「SPS雨水排水システム」概要説明及び実証施設見学3)
懇親会[17:30-]場所は当日お知らせします。
6.参加費:
見学会:2,000円(移動費込)、懇親会:3,000円
(当日払い。つり銭の無いようお願い致します)
7.定員:15名 先着順
8.申込:「行事申込書」に必要事項を記入の上、事務局までお送り下さい。
給排水設備研究会Facebookページからも申込み可
9.幹事:事業委員(宮嶋)090-1755-6100(臼田)090-3428-4035
10.その他:ご同業の方のご参加はご遠慮下さい。懇親会は自由参加です。

<参考資料>

<バスのりば>
国際興業バス:赤羽駅東口 のりば地図

<集合場所地図>

平成29年度 散策の会「飛鳥山のお花見」(事業委員会)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

JSPE201701notice-p54.jpg
PDFファイル

 昨年度から"散策の会"ではじめました「飛鳥山お花見」を、好評につき今年度も開催いたします。昨年度は、ちょうど満開のタイミングでの開催でしたので、飛鳥山は大変な賑わいでした。幹事が朝の6時から場所取りに走ったおかげで、ぎりぎりセーフ、間一髪の状況で場所の確保に成功しました。幹事さん、たいへんご苦労様でした。
 お酒類やおつまみは参加者からのブランド物のお酒と、自前の菜園で採れたニラやほうれん草のお浸し、自慢の玉子焼きなどなどが持ち込まれ、幹事が用意した紙パック入りのお酒や市販の焼き鳥などは残ってしまうほどでした。年度はじめであり、エイプリールフール当日となりますが、奮ってご参加頂きますよう、よろしくお願いいたします。


1.日時:平成29年4月1日(土)【雨天中止】
午前10時-午後2時ごろまで
2.会場:王子飛鳥山公園
3.集合:JR王子駅中央口近くパークレール前
(遅れる方は幹事携帯までご連絡下さい)
4.会費:男性1,000円、女性(当日徴収します。)
(高校生以下500円・小学生以下無料)
5.定員:10〜30名 程度
6.参加締切:3月24日(金)までにお願いいたします
7.幹事:矢野(090-4824-5697)、冨澤(090-6109-3658)
8.参加申込:給排水設備研究会事務局まで
FAX 03-3234-2107,TEL 03-3234-2106
9.その他:
※お弁当やアルコール等の飲み物および座布団・簡易椅子などは、各自で適宜ご用意願います。
※発生したゴミは各自で持ち帰りとなります。

<アクセス>
東京都北区:王子飛鳥山公園

<地図>