タグ「東アジア給排水シンポジウム」が付けられているもの

第2回東アジア給排水シンポジウム プログラム

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 11月3日に台湾・台北で開催される第2回東アジア給排水シンポジウム(2012 SPSEA)のプログラム最終版が発表されました。
 PDFファイルでご覧ください。

第2回東アジア給排水シンポジウム詳報(6月21日更新)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

*(6/21 19:40変更)論文アブストラクトの提出期限を6月8日(金)から7月23日(月)に延長しました。特に技術レポートを積極的に受け付けます。詳しくはお問い合わせください。
*(5/28 20:50追記)シンポジウムの参加申込方法を掲載しました。また,Wordフォーマットの申込書を掲載しました(下線部追加)。
*(5/23 21:27追記)要旨のフォーマットが不記載でしたので追加しました。失礼しました。

 第2回東アジア給排水シンポジウムの詳報をおしらせします。別紙の内容は、すべてPDFファイルに掲載されています。
 PDFファイルはこちらからダウンロード(2012spsea_2nd_announcementJ.pdf)できます。
 要旨(2012sesea_abstractJ.doc)本論(2012spsea_fullpaperJ.doc)のダウンロードは、それぞれのリンクからできます。Word形式です。
 別紙4「参加申込書」Wordファイルはこちらからダウンロードできます(2012spsea_2nd_announcementJ4.doc)。各欄に記入可能ですので,メールで送るときなどにご使用ください。


 近年、中国、韓国、台湾といった東アジア諸国は、目覚ましい経済発展を遂げております。わが国からの企業進出も活発になり、技術協力や学術交流も重要になって来ています。それに先駆け本研究会では、2008年にわが国でこれらの国との国際交流・協力に関するイベントとして、第1回東アジアシンポジウムを企画し開催しました。今回は、その第2回目を台湾の台北で開催いたします。シンポジウムには、業界からも広く論文発表や技術展示について募集するほか、参加ツアーも企画することを検討しています。会員の皆様には、奮って本企画に御参加頂きたくよろしくお願い申し上げます。

1.開催日:2012年11月3日(土)

2.シンポジウム会場:国立台湾科技大学

3.シンポジウム プログラム:(別紙1 参照)
(1)基調講演(台湾建築系の先生ほか)
(2)企業技術発表
(3)一般講演
(4)総括 (国立台湾科技大学教授 鄭政利先生)

4.参加会費
 一般20,000円 学生5,000円(シンポジウム参加・懇親会費を含む)(研究会にて一括取りまとめ)
 <シンポジウムの参加申込方法>
 別紙4の参加申込書をFaxまたはメールで事務局にお送りください(Wordフォーマットは上記リンクからダウンロード可能)。折り返し事務局より,参加証と振込用紙をお送りいたします。

5.論文募集要項(別紙2 参照)
(1)要旨(日本語+英語 各300字以内)7月23日(月)原稿締切(延長しました)
(2)本論(英語タイトル・概要+日本語タイトル・本文)8月31日原稿締切

6.オフィシャル団体ツアー(別紙3 参照)
(1)日程 11月2日(金)~11月4日(日) 羽田空港発
(2)ツアー費用102,000円(20名以上) シングル・2泊3日・朝食付(参加会費は含まず) 
(3)参加募集 8月31日締切
(4)研究会にて申込人数を取りまとめ、申込者と旅行会社の直接契約とさせていただきます。

7.シンポジウム参加・論文投稿・団体ツアーの申込み方法
参加申込みフォーマット(別紙4 参照) に必要事項を記入の上、FAXまたはメールで事務局に送付願います。(8月31日締切)

8.論文集広告掲載
募集予定 (今後、研究会ホームページにて詳細を公表)

尚、上記1.~7.について、変更がある場合には研究会ホームページにてお知らせします。

申込み等のお問い合わせ:
NPO給排水設備研究会事務局 千代田区飯田橋3-4-4 第5田中ビル9F
Tel: 03-3234-2106 Fax:03-3234-2107
E-mail : east-asia@npo-jspe.org(本件専用アドレス)
ホームページ:http://npo-jspe.org/

第2回東アジア給排水シンポジウム論文集への広告掲載のお願い

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

一式の書類をPDFファイルでダウンロード(2012spsea_ad.pdf)できます。
広告掲載申込書はWord形式でもダウンロード(2012spsea_ad.doc)できます。

平成24年6月 NPO法人 給排水設備研究会
会長理事 坂上恭助
東アジア給排水シンポジウム実行委員会
委員長 大塚雅之
第2回東アジア給排水シンポジウム論文集への広告掲載のお願い


謹啓

 貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。平素は当会の運営ならびに各種事業に関し、格別のご高配、ご支援を賜り厚くお礼申し上げます。
 近年、中国、韓国、台湾といった東アジア諸国は、目覚ましい経済発展を遂げております。わが国からの企業進出も活発になり、技術協力や学術交流も重要になって来ています。それに先駆け本研究会では、2008年にわが国でこれらの国との国際交流・協力に関するイベントとして、第1回 東アジア給排水シンポジウムを企画し開催しました。今回は、その第2回目の開催として台湾の台北で開催いたします。シンポジウムには、論文発表について募集等を予定しております。また、参加ツアーも企画することを検討しています。
 シンポジウムにおいては講演者の論文等を掲載した約300部の論文集を発行予定いたしますが、貴社製品のPRまたは一層のイメージアップのために、広告ご掲載を賜りたいと存じます。何卒事情御賢察のうえご高配賜りたくお願い申し上げます。

謹白

【広告掲載料金】・・・東アジア給排水シンポジウム論文集に掲載いたします。
          1頁・1色    50,000円
         1/2頁・1色    30,000円
 尚、上記金額には消費税は含まれていません。

第2回東アジア給排水シンポジウム広告掲載要領


1.掲載誌   NPO法人給排水設備研究会「第2回東アジア給排水シンポジウム論文集」
2.誌面構成  巻頭言・論文・研究レポート・技術レポート・研究情報など
3.スタイル  本文100頁 A4サイズ オフセット印刷(モノクロ)
4.発行部数  約300部
5.広告掲載料金
一般頁   1頁  50,000円 (消費税別)
一般頁  1/2頁  30,000円 (消費税別)
       ※事務局より広告掲載料の請求書をお送りいたします。
6.広告掲載サイズ :A4判  1頁  タテ 237.5mm×ヨコ 182mm
      1/2頁  タテ 117.5mm×ヨコ 182mm
7.広告掲載言語 日本語、英語、中国語、韓国語のいずれも可
8.広告原稿:原稿は、PDF電子データで下記メールアドレスにお送り下さい。
 メールアドレス:east-asia@npo-jspe.org
 広告原稿のご入稿は、8月31日(金)までにお願いいたします。
9.お問合せ等:給排水設備研究会 事務局
 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-4-4 第5田中ビル9F
 TEL03-3234-2106  FAX03-3234-2107

掲載ご希望の場合は、第2回東アジア給排水シンポジウム広告掲載申込書(最上部のファイル)を8月10日まで上記申込先までにご送付ください。

第2回東アジア給排水シンポジウム

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

*申込書等の詳報の掲載は5月11日を予定しています。しばらくお待ちください。

 近年、中国、韓国、台湾といった東アジア諸国は、目覚ましい経済発展を遂げております。わが国からの企業進出も活発になり、技術協力や学術交流も重要になって来ています。それに先駆け本研究会では、2008年にわが国でこれらの国との国際交流・協力に関するイベントとして、第1回 東アジアシンポジウムを企画し開催しました。今回は、その第2回目を台湾の台北で開催いたします。シンポジウムには、業界からも広く技術展示や論文発表について募集するほか、参加ツアーも企画することを検討しています。会員の皆様には、奮って本企画に御参加頂きたくよろしくお願い申し上げます。
 本実行委員会において、3月26日現在でまとめられているシンポジウム概要(案)は、次の通りです。

1.開催日:2012年11月3日(土)
2.シンポジウム会場:国立台湾科技大学
3.シンポジウム:プログラム(予定)
(1)基調講演(台湾建築系の先生)
(2)企業技術発表(1社6分程度で10社程度)
(3)一般講演(午前の部:1件20分×3件)
(4)一般講演(午後の部:1件20分×11件)
(5)総括(鄭先生)
4.参加会費
20,000円(本研究会よりのシンポジウム参加・懇親会費を含む)(給排水設備研究会にて一括取りまとめ)
5.論文募集
(1)募集要項:4月下旬に研究会ホームページにて要項を公表
(2)要旨(日本語+英語各300字以内)6月8日原稿提出締切
(3)本論(英語タイトル・概要+日本語タイトル・本文)8月31日原稿締切予定
6.オフィシャル団体ツアー
(1)日程 11月2日(金)〜11月4日(日) (2)ツアー費用(予定) 約95,000円 シングル・2泊3日・朝食付
(羽田空港使用料2,050円・台湾空港税850円 燃料サーチャージ11,000円(3月現在)を含む)
(3)参加募集(予定):4月下旬開始 8月末締切
(4)実行委員会にて申込人数を取りまとめ、申込者と旅行会社の直接契約とさせていただきます。
7.テクニカルビジット
現地にて申込み(予定)
尚、上記1.~7.について、変更がある場合には研究会ホームページにてお知らせします。

申込み等のお問い合わせ:NPO給排水設備研究会事務局 E-mailはeast-asia@npo-jspe.org

第2回東アジア給排水シンポジウムに関する情報を掲載します

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 11月3日に台湾・台北でシンポジウムを開催する「第2回東アジア給排水シンポジウム(2012 SPSEA)」についての情報を本会Webサイト(http://spsea.npo-jspe.org)において掲載します。
 なお、主催者(国立台湾科技大学)が提供する情報は、次のURLに掲載されています。
http://spsea2012.ad.ntust.edu.tw

第2回東アジア給排水シンポジウム(台湾)開催のお知らせ - 2nd International Symposium on Plumbing System in East Asia, TAIPEI, TAIWAN -

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 近年、中国、韓国、台湾といった東アジア諸国は、目覚ましい経済発展を遂げております。わが国からの企業進出も活発になり、技術協力や学術交流も重要になって来ています。それに先駆け、2008年に本研究会では、わが国でこれらの国との国際交流・協力に関するイベントとして、第1回東アジア給排水シンポジウムを企画し開催しました。今回は、その第2回目のシンポジウムを台湾の台北で開催する予定です。シンポジウムには、広く業界からも技術展示や発表論文について募集するほか、参加ツアーも企画することを検討しています。会員の皆様には、振るって本企画に御参加頂きたくよろしくお願い申し上げます。主な予定は以下のとおりです。

論文・技術展示募集:2012年5月〜8月頃
参加ツアー募集:2012年4月〜8月頃
開催予定日:2012年11月3日(土)シンポジウム
申込み等のお問い合わせ:給排水設備研究会事務局


大きな地図で見る