タグ「シンポジウム」が付けられているもの

NPO給排水設備研究会シンポジウム「東日本大震災と給排水設備」 −3年間を振り返り、これからを考える−(学術委員会)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

PDFファイル

 平成23年3月11日に発生した未曾有の東日本大震災発生から早くも3年が過ぎ、復興事業も徐々に進められているところです。本研究会でも、昨年11月の創立30周年記念事業で発行した記念誌「水の時代」で「第Ⅱ章 東日本大震災と給排水設備」として採り上げ、震災による建築設備への被害状況や当時の対応、そして今後への提案などについて関連の皆様より御寄稿を賜りました。
 今回、この記念誌のご執筆者を講師にお迎えし、「東日本大震災と給排水設備 -3年間を振り返り、これからを考える-」をテーマとしたシンポジウムを企画致しました。
 シンポジウム後には、簡単な懇親会も予定しておりますので、多数の皆様のご参加をお待ちしております。

1.日  時:平成26年7月29日(火)13:30-17:15、懇親会17:30-19:00
2.会  場:汐留ビルディング24階 TOTO会議室
       〒105-0022 東京都港区海岸一丁目2番20号
       (浜松町駅北口より北東側斜め向かい、徒歩2分)
3.プログラム:①趣旨説明
        ②給排水設備の被害と被災地での生活 赤井仁志((株)ユアテック)
        ③災害時のトイレ機能の確保に向けた課題(事業継続・避難生活)
         加藤篤氏(NPO法人日本トイレ研究所)
        ④災害リスクとBCP(事業継続計画) 飯塚宏氏((株)日建設計)
        ⑤パネルディスカッション
4.参加費用:3,000円(記念誌込み)、懇親会費3,000円
5.定  員:50名
6.後  援:空気調和・衛生工学会、建築設備技術者協会(予定)
7.申込方法:「行事申込書」に必要事項を記入して事務局までお送りください。
       NPO給排水設備研究会・事務局
       TEL:03-3234-2106、FAX:03-3234-2107、E-mail:apply@npo-jspe.org

改正省エネ法・給湯設備省エネ基準に関するシンポジウムのお知らせ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

学術委員会

 改正省エネ法が本年4月から施行されました。これまで、省エネ法・省エネ基準の対象は主に建物外皮の断熱性能でしたが、新たな改正では、新築時の住宅設備機器を含めた住宅の総合的な省エネルギー性能について新しい評価方法が策定されました。このたび、「給湯設備の省エネ基準」に関して下記のような講演をして頂く機会を得ることができましたので、ご案内いたします。多数の皆様のご参加をお待ちしています。

1.日時:平成21年6月18日(木)13:30〜17:00
2.会場: TOTOスーパースペース大会議室
東京都新宿区西新宿1-6-1新宿エルタワー26F
3.プログラム(予定)
司会:青木一義(学術委員)
挨拶:小瀬博之(学術理事)    
4.参加費:正会員2,000円、学生会員500円、非会員3,000円
5.定員:50名
6.申込方法:「行事申込書」にて、下記までお申し込みください。
(1) 主旨説明:下田邦雄(学術理事) 13:30〜 13:45
(2) 給湯設備の省エネ法の経緯と改正の概要:岩本靜男氏(神奈川大学) 13:45〜14:35
休憩: 15分
(3) 非住宅における省エネ法:上藤英昭氏(須賀工業) 14:50〜15:40
(4) 住宅における省エネ法:前真之氏(東京大学)15:50〜16:40
(5) 質疑・応答 16:40〜17:00

給排水設備研究会 事務局
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-4-4 第5田中ビル9F
TEL:03-3234-2106、 FAX:03-3234-2107

東アジア給排水シンポジウム-東アジア諸国における建築と給水・給湯・排水設備の現状と将来展望(11月13・14日浜松町で開催)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

東アジア給排水シンポジウム
-東アジア諸国における建築と給水・給湯・排水設備の現状と将来展望-

International Symposium on Plumbing System in East Asia-Present Condition and Prospect for Building and Plumbing System in East Asian Countries -

2008(平成20)年11月13日~14日
東京ガス株式会社 本社 大会議室

主催:特定非営利活動法人 給排水設備研究会

協賛:社団法人 空気調和・衛生工学会,社団法人 建築設備技術者協会,社団法人 日本空調衛生工事業協会,社団法人 建築設備綜合協会,社団法人 東京都設備設計事務所協会,全国管工事業協同組合連合会,有限責任中間法人 日本配管工事業団体連合会,日本建築設備診断機構,有限責任中間法人 全国管洗浄協会

特別後援:橋本総業株式会社,東京ガス株式会社

開催主旨
 給排水設備研究会は、その活動のひとつの柱として、研究・技術の国際交流・協力を掲げています。これまで、CIB W062国際シンポジウムの日本開催(東京、横浜)に協賛し、また、その海外開催に際しては、継続して調査団を結成・参加し、国際交流・協力に努めてきました。 一方、最近の中国の発展にはめざましいものがあり、韓国、台湾などを含めた東アジア諸国は堅調に発展をとげています。わが国とのかかわりもより密接になっており、建築・建築設備・給排水設備分野はとくにその傾向が顕著であります。これら諸国からは、留学生として、わが国の給排水設備を学んだ後、帰国するか、あるいはわが国にとどまって関連事業に携わり、活躍している方が多くいます。 本年度は給排水設備研究会の創立 25周年にあたり、また NPOに衣を改め拡大発展したことを機に、新たな国際交流・協力に関するイベントを立ち上げることは大いに意義のあることです。 本研究会では、上記の東アジア諸国の給排水設備事情ならびにその背景にある国情・建築事情の動向(発展過程・現状・将来)に着目しました。そこで、主として留学経験者で、建築設備(給排水設備)の業務に携わっている方々を主対象としたシンポジウムを企画した次第です。プログラム(予定)は下記のように、2日間のシンポジウムでは盛り沢山の講演が予定され、また講師の方々を交えての懇親会も催されます。 会員各位をはじめご関心のある方々のご参加を、心より願っています。

プログラム(11月13日現在の情報に更新しました)

PDF版のプログラムは、こちらをご覧ください。
講演題目及び時間の変更の可能性があります。あらかじめご了承ください。

第1日:11月13日(木)10:00~17:00

開会挨拶(10:00~10:15)

基調講演(その1)・代表講演(その1)(10:25~12:20)

基調講演1「韓国における水道等の使用及び普及の現況」
洪元和(慶北大学 建築・土木工学科 副教授)

代表講演1「建築物においての水の問題に対する給排水設備の変化について-韓国の場合を中心として」
洪鳳宰(青雲大学校 建築設備消防学科 副教授)

代表講演2「中国の住宅給排水設備」
石川星明(東州際設備株式会社 取締役社長)

昼休み・展示会(12:20~13:40)

代表講演(その2)(13:40~15:25)

代表講演3「中国の給排水設備の現状-消火設備」
趙士全(竹中(中国)建築工程有限公司 設計部設備設計課長)

代表講演4「中国の住宅における給排水設備の現状と動向」
陳玉芳(上海在方建築工程諮詢有限公司 総経理)

代表講演5「台湾における建築給排水設備の現状」
李孟杰(国立台湾科技大学 建築学科 准教授)
張懷謙(東京大学大学院 建築学専攻 修士課程)

休憩(15:25~15:40)

代表講演(その3)(15:40~16:50)

代表講演7「日本の給排水設備の現況-集合住宅を中心として」
小寺定典(独立行政法人都市再生機構 都市住宅技術研究所 住まい技術研究チーム研究主任)

代表講演8「日本における給排水設備計画事例」
飯塚宏(株式会社日建設計 設備設計部門副代表)

第2日:11月14日(金)10:00~17:00

基調講演(その2)・代表講演(その4)(10:05~11:25)

基調講演2「遺跡からの警告-アメリカのサステイナブル環境の考察」
鄭政利(国立台湾科技大学 建築学科 教授,台湾トイレ協会 会長)

代表講演6「ボトルミネラルウォーターにおける衛生」
洪玉珠(育英医護管理専科学校 校長)

一般講演(その1)(11:30~12:10)

一般講演1「中国における給排水設備設計事情」
杜俊生(株式会社日建設計 設備設計主管)

一般講演2「中国における日本の給排水設備設計の委託業務」
趙琳娟(株式会社Zetコンサルタント)

昼休み・展示会(12:10~13:20)

一般講演(その2)(13:20~15:05)

一般講演3「日本の設備設計・作図業務の中国委託に関する問題の検討」
符立偉(超維デジタル(蘇州)有限公司 社長)

一般講演4「中国の日系工場における給排水設備」
林向萌(清水建設中国有限公司 設計部設備課長)

一般講演5「中国における給排水設備に関する研究の動向」
王祥武(須賀工業株式会社 技術研究所主管)

一般講演6「中国の建築設備配管の現状と展望」
李雪艶(積水化学工業株式会社,セキスイ管材テクニックス株式会社 国際部主任技師)

一般講演7「中国建築給排水設備施工管理の実情」
馬健(株式会社総合設備計画 設計監理部)

休憩(15:05~15:20)

パネルディスカッション(15:20~16:50)
「東アジア諸国における超高層住宅の給排水設備設計法の比較」

パネリスト

韓国 洪鳳宰(青雲大学校 建築設備消防学科 副教授)
中国 石川星明(東州際設備株式会社 取締役社長)
台湾 李孟杰(国立台湾科技大学 建築学科 准教授)
日本 山中哲(株式会社日建設計 設備設計部門 設備設計部設計長)
. コーディネーター
小池道広(株式会社長谷工コーポレーション 技術推進部門 技術開発室担当部長)

閉会挨拶(16:50~17:00)

懇親会

11月14日(金)17:30~19:30
東京ガス株式会社 本社 14階食堂

[会費]
1.シンポジウム参加費:一般5,000円、学生2,000円
2.懇親会参加費:一般5,000円、学生1,000円

<実行委員会事務局> NPO給排水設備研究会(千代田区飯田橋3-4-4 第5田中ビル9F) E-mail : jspe@tkk.att.ne.jp  Tel:03-3234-2106 Fax : 03-3234-2107