NPO給排水設備研究会

給排水設備研究会について

NPO 給排水設備研究会とは

給排水設備研究会は「国際的視野に立って給排水設備分野の研究及び技術の水準向上と情報交流に努めるとともに、会員相互の親睦を計ることを目的」として、昭和59年1月に任意団体として設立された研究会です。その後、平成18年には、「広く一般市民に対して、給排水衛生設備の調査研究、普及啓発、技術者育成及び技術指導を通じた技術水準の向上及び情報提供事業を行い、我が国の環境の保全及び科学技術の振興に寄与することを目的」として、特定非営利活動法人(NPO法人)へ移行いたしました。

会長理事の挨拶

給排水設備は建物での生活や活動に欠かせない水を扱う設備であり、その技術の向上と国内外の交流をめざして、さまざまな活動を行っております。最近は、低炭素・省資源・省エネの観点から、さらには東日本大震災、熊本・大分震災を受けての自立の観点からの技術の進展を図っております。各種イベントが予定されていますので、それらへの参加と、本会への入会を心よりお待ちしております。

主な事業

主な活動

「給排水設備研究」を年4回発行しています。その内容は、巻頭言、技術論文、論説、CIB W062*のレポートの和訳、研究室(施設)紹介、業界情報、会告、各委員会の活動報告、書籍紹介等であり、特に技術論文は今日的テーマを取り上げて特集としてまとめ、技術情報提供の場としての役割を果たしています。

Read More

入会について

入会案内

当会は、給排水設備分野に関心のある研究者・技術者を中心に構成されている正会員、大学の学部・大学院生等を対象とした学生会員及び企業・団体などを対象とした賛助会員など、様々な会員により支えられています。

Read More